コピー用(症例)|横浜市中区関内で整体院・カイロプラクティックと言えば、ハレルヤカイロプラクティック!

Hallelujah Chiropractic ハレルヤ カイロプラクティック
English
お問合せフォーム
Web予約

左肩から腕にかけてのダルさと痛み

No.071:2021.07.28
ご来院者 様 横浜市南区在住 30代男性 自営業
来院までの経緯 3週間ほど前からなんとなく左腕がダルくなることがあった。2週間前からダルさのでる頻度があがり、時たま痛みも出てきた。先週からはダルさが常にあり、痛みも強く出始め仕事を頻繁に中断するようになった。初めての経験でどうすれば良いかわからずにいたところ、職場の同僚からハレルヤカイロプラクティックを紹介され来院した。
検査と所見 ・ダルさがない時は全く問題ない。
・顔を上に向けると肩から腕にかけて痛みが、下を向くと楽になる
・サービカル・コンプレッション:陽性
・仕事後に特にダルくなる

検査結果より頚椎による腕の神経の障害が疑われた。
施術の経過 初回は腕の神経を圧迫しないように肩・背中の筋肉トリートメントを行い、背中・首にカイロプラクティック・テクニックを用いて矯正を行なった。施術後に特に変化はみられなかった。
2回目の施術も初回を踏襲して行なったところ、施術後に上を向いてもダルさや痛みが減少し、以前ほどではなくなった。そのため、神経の圧迫を避けるようなストレッチを処方した。
3回目の来院時には仕事中のダルさや痛みは軽減したが、仕事後は依然としてダルさが残っていた。しかしストレッチをすると問題なくなるとのことであった。施術は今まで通りの方針で行い、施術後は上を向いても短時間であればダルさや痛みの問題なくなった。
4回目の来院では、症状はほぼ無くなっており、たまに出たとしても「ストレッチですぐに問題なくなる」とのことであった。むしろ腰の方が心配だから診て欲しいとのご要望をいただき、前半は首、後半は腰と施術をおこなった。現在は体のために2~3週間くらいで施術を受けに来られている。
■ 担当コメント:松田
今回は腕の神経が、頚椎からの出口(椎間孔)で障害されていると考えられました。腕の痛みや痺れのケースとしては、かなり多い症状です。発症からの時間経過も短く、本人も積極的にストレッチを行ってくれたため、神経症状としては比較的早い解決であったと思います。
今回のような腕の痛みや痺れは交通事故などの外傷でない限り、普段の姿勢によることがほとんどです。しかし神経症状が出始めてから姿勢を意識しても、なかなか良くはなりません。同じようなトラブルでお悩みの方は、横浜関内にあるハレルヤカイロプラクティックにご相談ください。
space

PageTop