コピー用(症例)|横浜市中区関内で整体院・カイロプラクティックと言えば、ハレルヤカイロプラクティック!

Hallelujah Chiropractic ハレルヤ カイロプラクティック
English
お問合せフォーム
Web予約

右股関節から膝にかけて痛み、ほとんど歩けない

No.063:2020.09.18
ご来院者 様 横浜市瀬谷区在住 40代男性 会社員
来院までの経緯 2〜3週間前くらいから右の股関節に痛みを感じ始めた。徐々に痛む頻度と強さが増してきたが、先週くらいから膝の方まで痛みが広がり、まともに歩けなくなってしまった。一向に良くなる気配もなく、このまま歩けなくなってしまうのではないかと非常に不安がある。また仕事で責任ある立場になったばかりで、現場と管理と両方をこなさなければならないのに、この状態では仕事も継続できなくなってしまう。何とかなるなら何でもするので、とにかく何とかして欲しい。
検査と所見 ・痛みで右足を着けず、真っ直ぐ立てない
・股関節屈曲で力がほとんど入らない
・代償作用のため背骨が大きく捻れている

検査結果より股関節支持にかかわる筋郡の機能不全および腰椎・骨盤の機能低下と考えられた。
施術の経過 初回から5回目まで1週間のペースで施術を行った。初回の施術は股関節支持に関わる筋群をほぐし、腰椎に対し左右からそれぞれカイロプラクティック・テクニックを用いて矯正をおこなった。施術後は若干右足が着けるようになった。
2回目の来院時は、前回2日後までは保っていたが、その後は痛みが振り返したとのことだった。前回の施術方針を踏襲して行い、施術後は右足にある程度力が入るようになった。その後3〜4回目までも同じ方針で施術を行い、少しずつ改善していった。
5回目の来院では状態が大きく改善していた。歩行はほぼ正常で階段の上り下りも特別痛みはなく、「仕事・日常生活に支障を感じなかった」とのことであった。動きや力の入り具合も良くなっていたため、背骨の捻れや筋肉バランスを整えるように施術を行った。施術後に「もう普通の生活はできないかと思っていた。二度と繰り返さないために継続的に診てもらいたい。」とお言葉をいただき、その後は徐々に間隔を開けて現在は月に1回のペースで来院を続けていただいている。
■ 担当コメント:松田
初回来院時の時の状態はかなり深刻でした。自分の力で右足を持ち上げることはほとんどできず、足も着けない状態で壁に伝いながら来院されました。お話ししていてとても真面目な方であり、お仕事で長い間相当体に無理を利かせて頑張っていたのだと思います。
体はある程度無理が利きますが、逆にある程度を過ぎると急激に機能が低下します。「最近調子の悪さが目立つ」「同じようなトラブルが何度も起こる」と言うような方は、どうぞ早めに専門家に相談して頂き、対処されることをお勧めします。
space

PageTop