コピー用(症例)|関内で整体院・カイロプラクティックと言えば、ハレルヤカイロプラクティック!

Hallelujah Chiropractic ハレルヤ カイロプラクティック
English
お問合せフォーム
Web予約

手が痛くてクリックできない

No.056:2020.02.26
ご来院者 様 横浜市港南区在住 50代男性 会社役員
来院までの経緯 仕事でマウスをよく使うが、3週間くらい前からクリックすると手首のあたりが痛むようになった。以前も同じようなことがあり、腱鞘炎対策でペンギンマウスを使うようにしたところ、痛みがなくなり、ずっと使っていた。今も使っているが同じような痛みが出てきてしまった。2週間ほどマウスの使用を控えて様子をみたが、クリックする時の痛みは変わらず、最近は肘の方まで固まった感じがするようになってきた。パソコンが使えないと仕事にならないので、なんとかしたいと職場の近くにあるハレルヤカイロプラクティック整体院に来院した。
検査と所見 ・圧痛はなく、右の指や手首の運動で痛みの誘発もない
・左と比べると力がうまく入らない
・猫背が目立ち、肩や肩甲骨の動きがシブい

検査結果より示指を主とした前腕の伸筋郡の機能低下が考えられた。また強い炎症には至っていないと判断した。
施術の経過 週1回で3回の施術を行った。初回は前腕の伸筋郡および屈筋郡の筋肉トリートメントを行い、手首と前腕の関節の動きをつけた。施術後は腕や指が軽く動くようになった。
2回目の来院時に痛みはほとんどないとのことであった。指の動きをみたところ、まだ動きにくそうな動作が見られたため、背中・肩甲骨を含めて可動性をつけるように施術を行った。施術後は腕・肩ともに軽くなった。
3回目の来院時には腱鞘炎のことは気にならなくなっていた。再発予防も含め、右半身及び姿勢を正せるように施術を行った。施術後は背が伸びた感じがするとのことであった。
現在は3〜4週くらいでデスクワークによるトラブル予防のために来院を続けられているが、腱鞘炎の再発はみられない。
■ 担当コメント:松田
マウスによるトラブルはデスクワークの方によくあるトラブルです。「マウスで⁉」と思うかもしれませんが、病院でマウス症候群と言われるくらい多いトラブルです。マウスは便利で簡単に使えますが、機能解剖学にとってはそうではありません。ポインタを正確に合わせるために、手や腕の筋肉が微妙な収縮・伸張を強いられます。大きな力も疲れますが、細かい作業も疲れますよね。
また、筋肉は体幹から指先まで連動・協調して働きます。クリックは決して人差し指だけの運動ではなく、各筋肉が連動して背中から指先まで協調して動きます。そのため、猫背で肩甲骨の動きが制限されると、本来の筋肉の協調運動が阻害され、指の筋肉に負担がかかり、痛みとなっていきます。
痛みは局所的に発生しますが、痛みの発生メカミズムは局所的ではありません。繰り返す痛み、休んでもよくならない痛みは筋骨格系の専門家であるハレルヤカイロプラクティック整体院にお任せください。

PageTop