腰痛・ぎっくり腰のお悩みは関内駅徒歩30秒のハレルヤカイロプラクティック整体院へ

Hallelujah Chiropractic ハレルヤ カイロプラクティック
English
お問合せフォーム
Web予約

腰痛・ぎっくり腰

■ 概要
腰痛は様々な要因から引き起こされますが、多くは体の中心にある腰を支える筋肉の機能低下によるものです。
立ち仕事やデスクワークなど動きの少ない生活スタイルは、重力によって腰椎に長時間連続的に圧迫する力がかかるため、腰の筋肉が常にギュッとなって体を支えていなければなりません。筋肉がギュッとなっている状態では毛細血管に血液が入り込みにくくなるため、コリ固まってしまいます。コリ固まると腰をしっかりと支えることができなくなるため、腰痛や腰の重さとして感じるようになります。よく聞くぎっくり腰はこのコリ固まった状態が長期化した際に引き起こされます。
ぎっくり腰はある日突然来ますが前兆があります。ぎっくり腰の経験の無い方は気づくのが難しいと思いますが、「寝起きに腰が痛かった」「最近腰が重い」「腰がピリピリする」などは典型的な前兆です。そのような時は、正しい処置をすることでぎっくり腰を未然に防げるだけでなく、日常生活の腰痛も解決できることがほとんどです。一旦ぎっくり腰になり適切な処置をしないと、およそ1〜2週間は普通の生活は送れません。また腰痛がなくなっても、腰痛やぎっくり腰になるメカニズムがなくなった訳ではありませんので何度も引き起こします。それが腰痛やぎっくり腰は「癖になる」と言われる所以です。
いつまでも腰痛で悩んでいるよりも、正しい処置を受けて腰痛の不安がない生活に戻りましょう!
■ 種類と原因
急性腰痛 ぎっくり腰のことです。引き起こすパターンはいくつかありますが、ほとんどが腰を支える筋肉の伸張反射が原因です。伸張反射とは筋肉が急激に伸ばされると切れない様に強烈に収縮する生理現象のことです。硬くなった腰の筋肉が物を持ち上げる瞬間や立ち上がる時、まれにくしゃみをするときにも伸張反射を起こし、強い痛みが起こります。この様な場合はたとえ動けても動かないのが得策です。動いてしまうと予後がずっと悪くなる傾向があります。
腰椎椎間板ヘルニア 頚椎椎間板ヘルニアと同様に椎間板から髄核が飛び出た状態です。こちらも単に飛び出ただけでは症状はでなく、神経を障害すると痺れや痛みを引き起こします。腰椎椎間板ヘルニアでは腰を曲げると症状が強くなるのが特徴で、そらす分には問題ないことが多いです。「手術したのに治らなかった」というのは、ヘルニア自体が神経を障害していなかったと考えられ、ヘルニアをどうするというよりは、ヘルニアになる様なメカニズムにアプローチする事が大切です。
腰椎すべり症・分離症 すべり症は下の骨に対し、上の骨が前方に滑る現象で、4段階に分かれます。分離症は背骨の前側(椎体)と後側(椎弓)が分離した状態です。トリプルFと言われ、40代(Forty)・女性(Female)・第4腰椎(Fourth Vertebra)が好発です。無症状の方もいますが、構造が弱くなっているため、腰痛になりやすいです。間違った施術を行うと滑りは進行するので、知識と経験のある施術家に任せることをお勧めします。
脊柱管狭窄症 背骨には脊髄を通す脊柱管があります。脊柱管狭窄症は脊柱管内の靭帯が何らかの原因で肥厚したりして、脊髄の通り道を狭くしたり、塞いでしまった状態です。腰をそらす動作で症状が強くなったり、間欠歩行が見られます。逆に腰が曲がった状態は脊柱管のパイが大きくなるため症状が軽減する傾向があります。痛みで歩けなくなってもしゃがむとすぐに楽になってまた歩けるようになったり、自転車は問題なく乗れるなどの特徴があります。

症例報告はこちら

各部位の症例報告

こんな症状の方へ

肩こり・頭痛

顎の痛み

首の痛み

肩の痛み

肘の痛み

腕の痺れや痛み

手や手首の痛み

背中の痛み、背骨の歪みや捻れ

腰痛

股関節痛・臀部痛

膝の痛み

足の痺れや痛み

足首や足底の痛み

骨盤矯正

自律神経の乱れ

PageTop