腰痛・ぎっくり腰のお悩みは、実績多数・関内駅から徒歩30秒のハレルヤカイロプラクティック整体院へ!

Hallelujah Chiropractic ハレルヤ カイロプラクティック
English
お問合せフォーム
Web予約

症例報告 - 腰痛

今にもぎっくり腰になりそうで怖い

2019.07.10
ご来院者 様 横浜市南区在住 20代女性 パート
来院までの経緯 現在2歳になる子供の育児の傍、週3回でパートをしている。先週子供を抱き上げた時から腰に違和感が出てきて、なかなか良くならない。今朝から一気に悪化して、今にもぎっくり腰になりそう。パートも休めないし何としたいと友達に相談したところ、当院を紹介され来院された。
検査と所見 ・歩くと腰が抜けそう
・前かがみがとにかく怖い
・骨盤に大きな問題はみられない

お体の状態から腰を支えている筋肉がうまく働かなくなっていることが疑われた。
施術の経過 初回は腰の筋肉の緊張をゆるめ、股関節の動きをつけるように施術を行った。施術後は問題なく前かがみができるようになった。
2日後の2回目の来院時には「腰の違和感はほぼない」とのことだった。引き続き、腰と股関節のトリートメントを行い、育児での体の使い方の注意と簡単なストレッチをアドバイスし本ケースをクローズした。
■ 担当コメント:松田
今回のケースはぎっくり腰になる前に来院していただいたので大事に至らず短期間で元どおりの生活に戻れました。育児中はママが倒れると生活が立ち行かなくなります。ぎっくり腰になる前と後では元の生活に戻れるまでの時間が大きく違ってきます。腰に違和感を感じているママは、ご主人と相談して大事になる前に専門家に相談されることをお勧めします。

腰痛がひどく、終業時間まで座っていられない

2019.06.19
ご来院者 様 横浜市中区在住 30代女性 会社員
来院までの経緯 腰痛は子供の頃からあり、痛むたびに接骨院や鍼に通っていた。普段は体を動かす仕事が多いのだが、最近は座り仕事が増え腰の辛さが増してきた。ここ数日は終業時間まで座っていられなくなってしまった。とりあえず何とかしなければとネット検索し、腰痛の症例報告をみて「ここなら良くなりそう」と当院に来院された。
検査と所見 ・前屈で腰に痛みがある
・左足を後ろに大きく引くと痛みがあり、まっすぐ引けない
・可動域は非常に大きいが、背骨の動き方にムラがある

検査結果より、腰および股関節の筋肉がかなり不具合を起こしていると考えられた。また背骨の動きに制限があり、正常の動作メカニズムからズレていた。
施術の経過 初回の施術は腰を支える筋肉と股関節の筋肉にトリートメントを行なった。施術後は前屈は問題なくなり、足を後ろに引く際に痛みはないがまっすぐうまく引けない状態であった。
1週間後の来院では、終業時間間際になると少し腰が重くなってくるが、それほどでもないという状態であった。引き続き腰と股関節の筋肉に対してトリートメントを行い、カイロプラクティック・テクニックを用いて骨盤矯正を行なった。施術後は痛みは消失し、足もまっすぐ後ろに引けるようになった。
初回から2週間後の来院では、仕事中の腰痛も全くなくなっており、「子供の頃から腰痛に悩まされていたので、こんな状態は初めて!」と自分の体の違いに驚かれていた。引き続き、腰・股関節・背骨にトリートメントを行い、本ケースをクローズした。
現在は再発予防と体調管理のためと3〜4週の間隔で来院を続けられている。
■ 担当コメント:松田
この方は長年の腰痛を患っていたせいか、筋肉に相当な不具合がありました。筋肉の繊維がほつれたような状態になっており、それをひとつひとつ解いていくような施術でした。もともとの筋肉の質が良いためか、解けていけばいくほど、痛みはもちろん、動作がすごくスムーズで綺麗になっていきました。
腰痛を長年抱えている方は多いと思います。私自身の体験でもありますが、腰痛は適切に処置すれば必ず良くなります。腰痛は仕方ないと諦めずに、是非、専門家にご相談ください。腰痛のない生活はとても素晴らしいですよ!

ぎっくり腰を我慢していたら動けなくなった

2019.06.06
ご来院者 様 横浜市南区在住 40代男性 会社員
来院までの経緯 3日前に仕事中にぎっくり腰になった。配達の仕事をしており、その時はあと少しだったのでなんとか終わらせた。翌日も休めないので出勤はしたがお昼くらいには痛みで動けなくなってしまった。会社に数日休みをもらったが、その期間でよくなるとは思えない。これ以上仕事を休む訳にはいかないので、なんとかしようとぎっくり腰に対応できる当院に来院した。
検査と所見 ・ほとんど歩けない状態
・とくかく体を動かすと激痛が走る
・横になっていても痛みがあり、楽な姿勢がない

来院した姿から重度のぎっくり腰であることがわかった。問診から腰の筋肉の強い痙攣および深部の炎症が疑われた。検査ができる状態ではないので、そのまま施術を行った。
施術の経過 初回の施術は仰向けの状態で腰を支える筋肉の過緊張をゆっくりと取り除き、物理療法を併せて行った。施術後は痛みはあるが、歩くのがずいぶん楽になった。
翌日の来院時には痛みはあるが歩ける状態は続いていた。引き続き腰の筋肉にアプローチした。施術後は痛みはだいたいなくなり、不安感がある状態になった。
翌々日の3回目の来院時には痛みはだいぶ治まったが、急な動きはまだできないという状態であった。腰の筋肉の緊張もだいぶ落ち着いてきたので、範囲を広げトリートメントを行い、ズレた骨盤にカイロプラクティック・テクニックで矯正を行った。施術後には不安感がほとんどなくなっていた。セルフ・ストレッチができる状態だと判断し、ストレッチの処方および翌日から緩やかであれば仕事再開に同意した。
初回から1週間後、4回目の来院の時は通常通りに働けているし、腰も問題ないがなんとなく心配とのこと。筋肉の緊張具合や正しい動作メカニズムで動けているかをチェックし、施術後にセルフ・ケアのメニューを追加し、問題がなければ1月後にもう一度来院するように説明した。
1ヶ月後の来院では心配なく働けている状態であった。セルフケアをすることで腰だけでなく、「朝の体が楽だ」とセルフケアを楽しまれていた。これからはもっと自分の体に気を配っていきたいと、現在も月に1回で来院を続けられている。
■ 担当コメント:松田
ぎっくり腰は初めての方でもなった瞬間にわかるものです。そしてその時は動けたとしても動いてはいけません。動くことで腰を支える筋肉がより緊張を増し、椎間板まで痛めてしまいます。今回の方はまさに椎間板まで痛めたケースでした。椎間板を痛めると回復は著しく遅くなります。ぎっくり腰の時は無理をせず、対応できる専門家にすぐに相談することをお勧めします。

仕事中に椅子から立ち上がろうとしたら腰に激痛が…

2019.05.25
ご来院者 様 綾瀬市在住 20代女性 会社員
来院までの経緯 朝起きたら腰がなんとなく痛かった。そのまま仕事に行ったが椅子から立ち上がろうとしたら腰に激痛が走った。その日は早退させてもらったが翌日の朝はさらにひどかった。午前中にお客さんとの約束があり、薬局で痛み止めと骨盤ベルトをしてなんとか済ませたが、痛みがどんどんひどくなる。このままでは家にも帰れないと藁にもすがる思いでネット検索し、ぎっくり腰の症例を読んで当院に来院された。
検査と所見 ・体を起こして歩けない
・安静時痛もあり、動作をするのがとにかく辛い
・体を丸める体勢が少し楽な感じがする

一見でぎっくり腰であると思われた。検査できるような状態ではないため、まずは多少でも動けるように痛みの緩和が先決だと判断した。
施術の経過 初回の施術は腰部と股関節を支える筋肉の緊張を取り除くように施術を行った。施術後は痛みはあるが、ある程度体を起こして歩ける状態になった。「ゆっくりなら帰れそう」ということで、姿勢などの注意事項をアドバイスした。
2回目は翌日に来院していただいた。前日はちゃんと帰れたし、今朝は痛みもだいぶ軽減したとのことだった。それでもまだ動作はゆっくりしかできなかったため、引き続き腰部と股関節の筋肉の緩和操作を行った。施術後は痛みは少しあるがある程度普通に動けるようになった。
3回目の来院では痛みはほとんどなくなったが、電車で長時間座っていたら痛みが出てきたとのことだった。引き続き筋肉の緩和操作と腰部に対してカイロプラクティック・テクニックを用いて矯正を行った。
4回目の来院(初回から1週間後)では、もう痛みはなく通常通りの生活を送れていた。ぎっくり腰の再発防止を含め、以前から骨盤矯正など体に興味があったとのことで、現在は月に1回の頻度でお体のケアと自分の体の疑問や悩みの解決に来院を継続されている。
■ 担当コメント:松田
この方は典型的なぎっくり腰でした。ぎっくり腰になった直後も無理をして体を動かしたために悪化させてしまったケースです。ぎっくり腰になっても動ける場合、多くの方が動いてしまいます。しかしそうしてしまうと翌日は全く動けない状態になってしまい、元の生活に戻るまでに多くの時間がかかってしまいます。「軽いぎっくり腰かな…」と思った場合、動けても安静にすることがとても重要です。何れにしてもぎっくり腰にならないように日頃からセルフケアや体のケアをすることを強くお勧めします。

腰がピキピキしてぎっくり腰になりそうで怖い

2019.05.05
ご来院者 様 横浜市中区在住 40代女性 会社員
来院までの経緯 以前からぎっくり腰を繰り返しているが、最近また腰がピキピキしてきてぎっくり腰になりそう。事故で背骨を圧迫骨折して以来、余計に腰痛がひどくなった。腰以外もあちこちが痛く、特に夜寝ている時にモモ裏が痛くて目が覚めたり、足裏が痛くなったりで、外出も控え気味になっている。以前都内のWHO基準のカイロプラクティックを受けたこともあって、WHO基準を満たす当院に来院した。
検査と所見 ・前屈で痛みの誘発
・FFD:30cm以上
・SLR:40°

検査所見より、腰を支える筋肉の機能低下および、股関節の機能低下が伺えた。腰を支える筋肉がしっかり力を発揮できるようにし、同時に腰に負担がこないような体の使い方を促すことで良い感じが出せると考えた。
施術の経過 初回の施術は腰と股関節周りの筋肉のトリートメントを集中的に行なった。施術後は前屈による痛みの誘発は消失した。
2回目の来院時にはピキピキした感じがなくなり、モモ裏の痛みも軽減したとのことであった。施術方針を継続し、さらに左の骨盤にカイロプラクティック・テクニックを用いて矯正を行なった。
3回目の来院時には腰痛、モモ裏の痛み、足裏の痛みもすべてなく快適に生活できているとのことであった。痛みのない状態と良い状態は異なることを説明し、施術を継続した。
4回目の来院時には、引越しで重たいものをたくさん運んだということで、ひどくはないが腰痛が続いているとのことであった。腰を支える筋肉に再度トリートメントを行い、腰椎に対してカイロプラクティック・テクニックを用いて矯正を行なった。施術後に続いていた腰痛は消失した。
5回目の来院時には、再び問題のない生活ができていた。痛みのない状態から良い状態へ体を変え、腰痛を卒業したいということで、現在は3週に1回のペースで体のケアを続けている。
■ 担当コメント:松田
この方は腰椎の圧迫骨折があり、その周辺の背骨の動きが非常に低下していました。そのためにもともとの腰痛がより顕著になったのだと思います。しかし、体がしっかり機能してさえいればぎっくり腰はもちろん、腰痛は十分予防できます。また良い状態に体を保っていれば、腰痛が再発しても、自分の力で回復することができます。腰痛を繰り返している方、なんとなく腰が重たいといつも感じている方は、是非WHO基準のカイロプラクティックにご相談ください。





今回のケースはたまたまうまく行ったケースだと思います。眠気を引き起こしていたものが何だったのか、それは正直分かりません。しかし、疲労というものがストレスと同様に様々な症状を引き起こすことは間違いありません。睡眠で取れない疲れは、ご自身だけではなかなか取り除くのが難しいです。「こんな症状でも大丈夫なのか」、「どこに掛かればいいかわからない」など、どうすれば良いか分からない症状をお持ちの方は、一度カイロプラクターに相談されてみても良いかもしれません。

結婚式に備えて腰痛と猫背をなんとかしたい

2019.03.05
ご来院者 様 緑区在住 30代男性 会社員
来院までの経緯 腰痛を感じることがたまにあったが、我慢できない程ではなかったので特別ケアはしていなかった。最近少し腰痛が強くなってきており、近く挙式をあげるので、その時に痛くなると困るので、猫背と併せてなんとかしたいとご家族の紹介で当院に来院された。
検査と所見 ・立位の姿勢で骨格にもたれた様な立ち方が見られる
・腰回りの筋肉に緊張は見られるが、動作による痛みの誘発はみられない
・背骨だけでなく、肩関節・肩甲骨の可動性が低下している

所見より全体的に関節・筋肉ともに硬くなって、体をしっかりと支えていない状態が考えられた。痛みの誘発はみられないので、一つひとつの関節に動きをつけて、筋肉が体をしっかりと支えられる様にすることで、よい方向へ向かうと考えられた。
施術の経過 式までの時間がなかったため、施術は1回のみでセルフケアの処方に重点をおいた。背中・腰・骨盤周りの筋肉を緩め、背骨の固まっている関節にカイロプラクティック・テクニックを用いて矯正を行った。その後、一緒に腰痛対策のストレッチ3つ、体をしっかりと支えられる様に体感トレーニングを1つ処方した。後日、「腰痛も発症せず、良い結婚式を挙げられた」とご家族から嬉しいご報告をいただいた。
■ 担当コメント:松田
この方に対してできることはたくさんありましたが、式までに再来院できる時間がありませんでした。そのため、セルフケアのアドバイス中心の施術としました。セルフケアも「しっかり・正しく・こまめ」に行うことで、お体のかなりの部分をケアすることができます。施術とセルフケアを併用できるのが理想的ですが、ご本人様のご要望に対して最善のプランを組むことも私たち正規カイロプラクターの腕の見せ所だとも思っております。
同じ様に何かのイベントを控え、それに向けて体をケアしたいと思っている方は、できるだけ早めにお体のケアを始めることをお勧めします。

重たいものを持ち上げた瞬間、ぎっくり腰に

2019.01.16
ご来院者 様 中区在住 30代男性 会社員
来院までの経緯 仕事で荷物の搬出入をするため、力仕事が多い。1週間くらい前から腰の調子が変だとは思っていたが、出荷の時間に間に合わせるために急いで荷物を持ち上げたら腰に電気が走り動けなくなってしまった。繁忙期で休むわけにもいかないので、なんとか動けるようになりたいと当院に来院された。
検査と所見 ・普通に歩けない
・お辞儀が全くできない
・横になって安静にしていて腰に不安感がある

動作がほぼできないため、問診と視診より腰を支える筋肉が強く痙攣していることが疑われた。ぎっくり腰の最も多いパターンであり、まずは痙攣をしている筋肉を落ち着かせ、動作ができるようにするのが先決だと判断した。
施術の経過 初回は痙攣している筋肉をゆっくりと落ち着かせ、また痙攣している筋肉をサポートや反対に作用する筋肉にアプローチをした。施術後に痛みは半分になり、痛みはあっても歩ける状態になった。
2回目の施術は翌日に行なった。前日同様に筋肉にアプローチし、腰の関節と骨盤がしっかりと機能するように動きをつけた。施術後に通常動作では痛みはなくなったが、急な動作は不安感が残っていた。仕事はできる範囲内を条件に再開してもらった。
3回目の施術は中2日おきて行なった。少し違和感があるが仕事も普通に行えるようになったとのことであった。腰、骨盤、股関節の筋肉・関節にアプローチし、可動域を広げ、力がしっかり入るように行なった。施術後は腰の違和感は消失していた。
力仕事が多く、二度とぎっくり腰をやりたくないというご要望をいただき、日々のストレッチを始めとするセルフケアを処方し、4週に1回のメンテナンスで腰痛予防を行うこととした。
■ 担当コメント:松田
この方はぎっくり腰の直後に当院に連絡をくれたため、発症直後から何をして、何をしてはいけないかを指示することができました。それが早期改善につながったと思います。ぎっくり腰は突然来ますが、体の内部ではいつ発症してもおかしくない状態へと進行しています。多くの場合予兆があるため、何度となく経験されている方は、その予兆に気づくと思います。何れにせよ、腰の状態がしっかりしていればぎっくり腰は十分防げるものです。いつも腰が気になる方、最近ちょっと腰が変だなぁと感じている方は、大事に至る前に専門家にご相談されることをお勧めします。

朝、伸びをしたらギックリ腰になってまっすぐ歩けない

2018.12.26
ご来院者 様 品川区在住 50代女性 会社役員
来院までの経緯 毎年数回はぎっくり腰をやる。病院、整体、鍼灸などいろいろ試したがその場はましになる程度で、しっかりと治る感じがしない。左の股関節に先天性形成不全があるため、ギックリ腰は仕方ないと思っている。3日前の朝、目が覚めた時に腰に違和感を感じたので、そのまま横になった状態で腰を伸ばした途端、ギックリ腰になり歩けなくなった。結局、仕事を休むことになり、その際に仕事仲間に当院の紹介を受けたが、過去にカイロプラクティックを受けたこともあり、「その場しのぎにでいいから」と当院に来院された。
検査と所見 ・腰の痛みと不安感で直立できず、腰を曲げてゆっくりと歩くことしかできない
・前屈20°、後屈5°で痛みがでる
・とにかく体を動かすのが怖くて辛い

検査結果より腰部の筋肉の過緊張と考えられた。また股関節の形成不全によって臀筋群の働きが低下していることが考えられた。しかしギックリ腰から数日経過しているものの、原因をしっかり特定できるだけの検査は困難と判断。まずは動けるようにすることが最優先事項として施術を行った。
施術の経過 腰部の筋肉および臀筋と下肢の筋肉のトリートメントを行い、筋機能の回復を図った。施術後はほぼ直立状態で歩けるようになった。
2回目の来院時には腰と臀部のハリ感を訴えられたが、生活に支障はないとのこと。左半身の調子があまり良くないとのことなので、前回の施術を踏襲し、左半身に対し施術の強度を上げて行った。施術後はスッキリして体が軽いとのこと。首の調子が悪く車の運転で後ろを振り向けなかったが、今は問題なく振り向けると喜んでお帰りになった。
3回目の来院では症状にとらわれずに左半身にアクセントを置いて全身のトリートメントを行った。施術後は元気になったと言っていただけた。
■ 担当コメント:松田
この方は年に数回のぎっくり腰を繰り返していました。前回の症例でも書いていますが、ギックリ腰は体の疲労が限界に達した時に起こる必然の現象であり、偶然に起こる不幸な出来事ではありません。また時間の経過とともに痛みがなくなっても、ぎっくり腰を起こす体の状態には変わりありません。そのためにぎっくり腰を繰り返すのです。ぎっくり腰の発症メカニズムを断ち切れば、ギックリ腰はもちろん、腰痛を気にする生活とも縁を切ることができます。ぎっくり腰を繰り返されている方は、兎にも角にも専門家に相談し、しっかりと体の機能が働く状態にしてもらいましょう!

椅子から立ち上がった瞬間に腰に電気が走った(ぎっくり腰)

2018.12.06
ご来院者 様 横浜市西区在住 50代男性 会社員
来院までの経緯 最近は残業続きで腰の調子があまり良くなかった。朝起きた時に腰が痛むが休むわけにはいかないので、そのまま出社して仕事をしていた。プリントアウトした用紙を取ろうと立ち上がった瞬間に腰に電気が走り、そのまま動けなくなった。ぎっくり腰は何度か経験があり、腰が痛い時に通っている整体に電話をしたがお休みだったため、部下の紹介でハレルヤ カイロプラクティック整体院に来院した。
検査と所見 ・まっすぐ立てない
・動くと痛みがあるのでジッとしているが、それでもジリジリと痛い
・動くと痛みで脂汗が出る

現状でお体のチェックを行うことは、負担が大きすぎるため、視診より典型的なぎっくり腰の可能性が高いと考え施術を行った。
施術の経過 検査ができる状態ではなかったので、ゆっくりとカイロプラクティック・テーブルに寝てもらい施術を行った。ギックリ腰にはいくつか典型的なパターンがあるが、今回の場合は腹筋と背筋のバランスが著しく崩れ、腰の筋肉の伸張反射によるものだと考えた。前後の筋肉のバランスを整え、伸張反射を起こしている筋肉を落ち着かせるように施術をおこなった。施術後に痛みは残っているが半分くらいの痛みになっていた。また、まっすぐ立って歩けるようになった。
2回目は翌日に来院してもらった。昨日の施術後と状態はほぼ変わらないとのことであった。前回同様、腹筋と背筋のバランスをとり、伸張反射を起こしている筋肉のトリートメントを行なった。施術後は痛みは少し残るが、普通に動けるくらいになった。
3回目は3日後に来院して頂いた。その時には痛みはなく、普通に生活できるとのことであった。伸張反射を起こしていた筋肉も落ち着きが見られたため、再発予防のため、腰・背中・下半身を中心に施術を行い、腰椎と骨盤に対しカイロプラクティック・テクニックで矯正をおこなった。施術後は「腰が軽い!」とビックリされ、喜ばれた。
腰痛予防のストレッチをアドバイスし、本ケースをクローズした。
■ 担当コメント:松田
ぎっくり腰はある日突然起こります。しかし発症が突然なだけで腰自体は限界値を行ったり来たりしており、いつ発症してもおかしくない状態になっています。ぎっくり腰を繰り返している方であれば前兆があることを知っているでしょう。
ぎっくり腰になっても1週間もすれば痛みはだいぶ治り、普段通りの生活ができるようになります。しかし「痛みがない」=「腰の状態が良い」ではありません。腰の状態が良いというのは、体が軽く、動作に億劫さを感じない状態です。
施術でぎっくり腰の痛みを取り除くことは大切ですが、真に必要なのは、ぎっくり腰になるメカニズムを取り除くこと、つまり「腰の状態が良い」ところに持っていくことです。正しく体をケアすることでぎっくり腰は予防できるだけでなく、腰が良い状態になります。
ぎっくり腰を繰り返している方、毎日腰が重いとうんざりしている方、きちんとケアして、いつも腰を心配している生活を卒業しましょう!

各部位の症例報告

こんな症状の方へ

頭痛・めまい

顎の痛み

首の痛み

肩こり・肩の痛み

肘の痛み

腕の痺れや痛み

手や手首の痛み

背中の痛み、背骨の歪みや捻れ

腰痛

股関節や臀部の痛み ・骨盤の歪みや捻れ

膝の痛み

足の痺れや痛み

足首や足底の痛み

産前産後・女性特有のお悩み

自律神経の乱れ

PageTop