症例報告-顎関節症1|関内で整体院・カイロプラクティックと言えば、ハレルヤカイロプラクティック!

Hallelujah Chiropractic ハレルヤ カイロプラクティック
English
お問合せフォーム
Web予約

症例報告 - 顎関節症

口を開けると耳の奥が痛くて、食事ができない

2019.07.31
ご来院者 様 東京都太田区在住 40代女性 会社員
来院までの経緯 2週間くらい前に朝ごはんを食べようとしたら、右の耳の奥の方に痛みが走った。それ以来、口を開けると痛みがでる。最初はある程度口を開くことができたが、最近は痛みが強くてほとんど開けなくなって食事ができなくなり、しゃべるのも辛い。友人の勧めで当院に来院した。
検査と所見 ・口は1横指以上開けると痛みがある
・わずかな開口でも右偏奇がみられる
・ストレートネックが顕著にみられる

検査所見より右の顎関節がうまく動いていたいことが疑われた。姿勢の影響をある程度受けていると考えられたため、姿勢を正し左右の顎関節を同じように動かすようにすることで、口が開くようになると考えた。
施術の経過 初回は主に姿勢矯正を行った。肩を開き頚椎の前弯を形成するように施術を行い、最後に口を噛みしめる筋肉にトリートメントを行った。施術後は2横指まで開き、痛みが軽減した。
2回目の施術は初回を踏襲しつつ、頚椎・胸椎・骨盤に対してカイロプラクティック・テクニックを用いて矯正を行った。施術後は3横指以上痛みなく開くことができた。4回目の施術後は最大開口でわずかに痛みがでる程度までになった。口の開きが姿勢の影響を強く受けることを自覚し、昔から猫背と言われていたこともあって、現在は3週に1回のペースで姿勢と健康管理のために来院を継続されている。
■ 担当コメント:松田
「顎がズレていると全身に影響する」という話は耳にされたことがあると思います。逆に言えば体の歪みは顎に影響します。今回のケースでは主に頚椎がストレートネックになっていたのが原因であったと考えます。目薬をさすときに上を向くと勝手に口が開いてしまうという経験は多くの方があるのではないでしょうか?これは人間の構造上、当然のことです。逆に下を向くと口は閉じるように作用します。ストレートネックは頚椎が内部的に下を向くような状態なため、口が開かなくなるのは自然なことなのです。閉じようとしている構造に対して開こうとすれば、当然顎に無理がかかりトラブルとなります。口を大きく開くと痛みがある、猫背でストレートネックと言われたことがある方は、大きなトラブルとなる前に専門家に相談することをお勧めします。

各部位の症例報告

こんな症状の方へ

肩こり・頭痛

顎の痛み

首の痛み

肩の痛み

肘の痛み

腕の痺れや痛み

手や手首の痛み

背中の痛み、背骨の歪みや捻れ

腰痛

股関節痛・臀部痛

膝の痛み

足の痺れや痛み

足首や足底の痛み

骨盤矯正

自律神経の乱れ

PageTop