症例報告-股関節痛・臀部痛1|関内で整体院・カイロプラクティックと言えば、ハレルヤカイロプラクティック!

Hallelujah Chiropractic ハレルヤ カイロプラクティック
English
お問合せフォーム
Web予約

症例報告
股関節痛・臀部痛

部活のやり過ぎでなったO脚を治したい

2019.06.30
ご来院者 様 横浜市旭区在住 20代女性 会社員
来院までの経緯 中学・高校と部活でバスケットをやっていたためか、脚のO脚がひどい。もも太くてもっとシュッとした脚になりたい。以前から気づいていたが、社会人となりそろそろ体に気をつける必要を感じてきたため、姉のO脚が良くなった当院でまずは施術を受けてみようと来院した。
検査と所見 ・膝の間の隙間は4横指以上ある
・骨盤の開きと臀部と太ももの筋肉の張り感が強い
・足の骨に異常はなく、左右の長さも同じである

検査所見より、O脚は骨盤および足の筋肉のアンバランスから生じていると考えられた。骨盤を調整し、外に引っ張る筋肉と内に引っ張る筋肉の調整を行うことで改善がみられると判断した。
施術の経過 初回〜3日目の施術は骨盤を閉じ、腰から下の筋肉トリートメントを行い、膝が寄るように施術を行った。また、O脚対策のコツをアドバイスした。施術後は4横指→2横指に狭まった。
4回目の施術で内腿が着くようになり、7回目では膝が着くようになった。

O脚 初回来院時 初回来院時のO脚

O脚 6回目の施術後のO脚

現在はふくらはぎの0.5横指を着くようにして脚の内側がピタッとくっつくように2週間に1回のペースで来院されている。
■ 担当コメント:松田
O脚を骨の変形だと思っている方が多いですが、多くの場合は骨盤の開きと内側と外側の筋肉のアンバランスから生じたものです。そのため、骨盤と筋肉のアンバランスを解消することで改善は十分期待できます。また、日常生活のちょっとした意識でセルフメンテナンスも可能です。
O脚は見た目の問題だけでなく、膝関節に負担をかける原因でもあるため、年齢を重ねていくことで変形の原因ともなりかねません。「気を付け」の姿勢で脚の間に指が3本分以上のスペースがある方は、筋骨格系の専門家であるWHO基準のカイロプラクターに相談されると良いでしょう。

左の足の付け根が痛み歩けない

2019.06.01
ご来院者 様 横浜市磯子区在住 50代男性 自営業
来院までの経緯 先日、酔っ払って帰宅しそのままソファで寝てしまった。起きた時から左の足の付け根が痛み、歩くと強い痛みが走る。数件のマッサージや整体に行ったがあまり良くならない。すでに2週間以上経っているが痛みはほとんど変わらない。仕事に支障があるため、とにかくネットで調べた整体に手当たり次第行ってみており、今回は当院に来院した。
検査と所見 ・足をぶん回すような歩行になっている
・股関節の屈曲で痛みが誘発
・股関節支持筋の筋力低下および痛みの誘発

検査所見より、股関節の側面にある筋肉が過緊張しているのが直接の原因だと判断した。また骨盤も捻れており、筋肉の緊張を和らげ骨盤を矯正することで良い変化がでると考えた。
施術の経過 初回の施術は股関節周りの筋肉の緩和操作を集中的に行い、骨盤を矯正した。施術後は歩行時の痛みが半減した。
2回目の来院時は前回施術後と同じくらいの状態を保っていた。引き続き筋肉の緩和操作および骨盤の矯正を行った。施術後は歩行時の痛みはほとんど感じられず、足の動きに違和感もなくなった。
3回目の来院時は生活上は全く気にならないとのことであった。以前に行った整体で体が捻れていると言われたので、そこも診て欲しいとご要望を頂き、現在は2週に一回で体の捻れの矯正を行っている。
■ 担当コメント:松田
今回の症状の直接的な要因は股関節を支えている筋肉がぎゅっと固まっていたのが原因でした。どうやら酔って左足をソファから投げ出して朝まで寝ていたそうです。簡単に言えば股関節の寝違いと言えます。寝違いは通常であれば数日で収まります。それでも治らない場合は、潜在的な不調が表面化した可能性が高いです。その場合はたとえ時間がかかって良くなったとしても再発する可能性が高いです。専門家に相談し、潜在的な不調を取り除いてもらうのがよいでしょう。

股関節が痛くて、階段が降りれない

2018.10.09
ご来院者 様 横浜市保土ケ谷区在住 60代女性 会社員
来院までの経緯 以前から右股関節の痛みは時々あって辛い時はマッサージなどに通っていた。今回の痛みはマッサージやハリをやってみたが一向に良くならない。整形外科も受診したが、レントゲンでは問題ないと言われた。
最近は右膝や左股関までも痛み始め、歩行でも痛みがあるが、階段が痛くて降りられなくなった。通勤が出来なくなっては困ると知り合いの紹介で当院に来院した。
検査と所見 ・トレンデレンバーグ(片足立ち):L±/R+
・右股関節ROM(可動域):屈曲制限
・右中臀筋MMT(筋力検査):L:4/5/R:4/5-
検査所見およびレントゲンで問題ないことが確認されているので、問題は股関節を支える筋肉がうまく機能していない可能性が高いと考えた。
施術の経過 初回は臀部の筋肉を中心に股関節を支持する筋肉群のトリートメントを行なった。施術後は片足立ちが問題なくできるようになり、歩行も痛みなくスムーズにできた。
2回目の来院時には、階段の痛みは朝の通勤の時だけで、それ以外は大丈夫とのことであった。
施術は前回の方針に加え、腰椎と仙腸関節の動きをつけた。また、セルフケアとして股関節に負担がかからないエクササイズとストレッチをアドバイスした。
3回目の来院時には股関節には全く問題なく生活ができたとのことだった。初回問診より左股関節および右膝まで影響がでていたこと、また昔から股関節に痛みが出ることがあったことなどを考慮し、体幹と両下肢まで範囲を広げて施術を行った。施術後は股関節のスムーズさと体全体が軽くなったとのことであった。
ご本人から退職後も元気な体でいたいとご要望を頂き、股関節痛の再発防止、今後の健康管理を含め3週間に一回のペースで来院を続けることになった。
■ 担当コメント:松田
今回の痛みの直接的な原因は股関節を支持する筋肉群が硬くなってしまい、体重がかかった時に体を支えるだけの筋力が発揮できなくなっていたためでした。また股関節だけでなく、骨盤の仙腸関節や腰椎の可動性の低下も影響を与えていたと考えます。
女性は構造上、男性に比べ股関節にかかる負担が大きくなります。そのため、長期的な運動不足によって股関節の筋肉にトラブルが起こりやすいです。しかし痛みが出てから運動するのは悪化を招きかねません。股関節に痛みのある方は、ご相談ください。

各部位の症例報告

こんな症状の方へ

頭痛・めまい

顎の痛み

首の痛み

肩こり・肩の痛み

肘の痛み

腕の痺れや痛み

手や手首の痛み

背中の痛み、背骨の歪みや捻れ

腰痛

股関節や臀部の痛み ・骨盤の歪みや捻れ

膝の痛み

足の痺れや痛み

足首や足底の痛み

産前産後・女性特有のお悩み

自律神経の乱れ

PageTop