症例報告-手や手首の痛み1|関内で整体院・カイロプラクティックと言えば、ハレルヤカイロプラクティック!

Hallelujah Chiropractic ハレルヤ カイロプラクティック
English
お問合せフォーム

症例報告 - 手や手首の痛み

手を着くと手首に痛みが走る

2019.03.22
ご来院者 様 港北区在住 30代女性 会社員
来院までの経緯 数ヶ月前からダイエットを始め、ウォーキングや筋トレを始めた。2週間ほど前から腕立て伏せをすると左の手首が痛む様になった。最近は立ち上がるときに机に手をついただけでも強い痛みが走る。湿布を貼っていても全然良くならないので、知人の紹介でハレルヤカイロプラクティック整体院に来院された。
検査と所見 ・腕全体の筋肉のハリが強く、手首の親指側を押すと痛みがある
・手首の運動で痛みの誘発は見られないが、背屈動作がやりにくい
・ちょっと手を着くと痛みが走る

所見より手首の背屈動作の不具合が重みを加えられることで痛みを引き起こしていると考えられた。腕立て伏せが原因と思われるため、手首の関節はもちろん、肘・肩まで体の機能がしっかりと働く様にする必要が考えられた。
施術の経過 初回の施術は左腕全体の筋肉トリートメントを行い、手首の背屈動作を促し、圧痛部分に超音波をかけた。施術後、手をついた時の痛みは7割軽減していた。
2回目の施術は前回と同様の方針で行いつつ、より手首と前腕の機能に着目して施術を行った。施術後に手を着く痛みは消失していた。
3回目の来院では、腕立て伏せは問題なくできる状態になっていた。そのため、左上半身全体のケアを行い、腕立て伏せのやり方をチェックして、手首に無理な力が加わらない様にアドバイスし、本ケースを終了した。現在はセルフトレーニングのケアとして3週間毎に来院されている。
■ 担当コメント:松田
ダイエットを目的としたエクササイズを始める際の注意点は、ご自身の体がまだ運動を十分にできる状態ではないということを受け入れることです。始める際はやる気もみなぎっていますから、ついついやり過ぎて体をおかしくしてしまうケースはよく見受けられます。せっかく始めても、体を痛めて中止しては元も子もありません。エクササイズを始める際はほどほどに抑え、常に自分の体と会話して負荷を増やしていくことが大切です。また、トラブルを未然に防ぐためにも専門家のケアを受けにいくことも大切です。これから暖かくなる季節、体を動かそうと思っている方は多いと思います。体を動かす際は、好調不調にかかわらず専門家の意見を聞いてみるもの一つの手だと思います。

各部位の症例報告

こんな症状の方へ

頭痛・めまい

顎の痛み

首の痛み

肩こり・肩の痛み

肘の痛み

腕の痺れや痛み

手や手首の痛み

背中の痛み、背骨の歪みや捻れ

腰痛

股関節や臀部の痛み ・骨盤の歪みや捻れ

膝の痛み

足の痺れや痛み

足首や足底の痛み

産前産後・女性特有のお悩み

自律神経の乱れ

PageTop